読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱闘を描く!面白い野球漫画のおすすめをまとめ(ランキングなし)

LIFE

僕の一番のストレス発散は漫画です。

とくに、スポーツ系の漫画は好きで、自分の学生時代の部活動の思い出とダブらせてしまい、読み出すと時間を忘れて熱中してしまう。

スポーツ系の漫画の中でも、野球を題材にした漫画は数も多く、かなりの数を読んでいます。

この記事では、これまで読んできた野球漫画のうちから、おすすめをまとめます。 

おすすめの野球漫画をご紹介! 

バトルスタディーズ

主人公の狩野笑太郎は、中学世代で日本代表に選ばれるほどの有名選手。プロになるために野球の超名門校DL学園に入学。

そこで待っていては、地獄の体育会系縦社会!高校野球は汗と涙と友情だけじゃない!甲子園に出るために、人生のすべてを懸ける高校球児たちを描く、超絶リアル野球漫画!

強豪PL学園の野球部がモデルの物語。作者のなきぼくろ先生は、PL学園の野球部出身で、甲子園でプレーした経験もある凄い人。作中で描かれている恐ろしい程の厳しいシゴキやルールは、全て実体験に基づくものらしいです笑。

昔、清原が「暴力はPL学園の伝統」なんてテレビで言ってましたからね。

KKコンビ、前田健太、今江敏晃、福留孝介などプロ養成高校としても有名な学校の裏側がどれだけ壮絶なのかわかる漫画です。めちゃくちゃ面白い。

 MAJOR-メジャー-

茂野吾郎の半生を描く超大作。プロ野球選手本田茂治を実父に持ち、幼い頃から野球ボールに触れて育つ吾郎が、小・中・高・プロと成長!故障による利き腕の変更、名門チーム退団など、逆境の中に置かれながら、常に才能と努力で乗り越えていく姿が熱い。

国民的野球漫画ですね。桑田真澄、田中将大、前田健太ら有名プロ選手もファンだと公言してるくらい。

吾郎は圧倒的な才能がありながら、ぜんぜんエリートコースを歩まないのがもどかしくなってきます。とくに、高校時代なんて、せっかく名門に入れたのに!バカたれ!って叫びたくなる。

一人の主人公を5歳から描いた漫画って他にない。そういう意味でも凄い漫画です。 

 風光る

主人公・野中ゆたかは、野球選手のモノマネが得意な弱小校・多摩川高校野球部の補欠。

そんな多摩川高校に、新たに君島監督が赴任して来た。君島監督は、ゆたかの才能に目をつけ、エースで4番という重役を任せる。

そして、練習試合で強豪・千束高校に対して接戦に持ち込んだという自信と、短い時間で集中的にやってきた練習を味方につけて、南東京大会、そして全国で旋風を巻き起こす。

主人公のゆたかは、プロ野球選手のモノマネをすることにより、本物の能力までモノマネできるという才能を監督に見出されます。場面に応じて、モノマネする選手を使い分け、ピッチャーでもバッターでも大活躍。次はどの選手が出てくるんだ!?という面白さもあります。

ちょっと前の漫画なので、モノマネされる選手も野茂や落合など。いま読んでも新しいタイプの主人公。

最強!都立あおい坂高校野球部

北大路輝太郎は少年野球時代のチームメイトとともに、都立あおい坂高校に進学し、従姉である菅原鈴緒が監督を務める弱小野球部に入部。

彼は鈴緒との6年前の「鈴ねぇを甲子園に連れて行く」という約束を守るために、強豪校の推薦をけった。それと同じくして、あおい坂高校には北大路の少年野球時代のチームメイトであった4人の新入生が集う。

主人公を筆頭にした、少年野球時代のチームメイト5人が、少年時代の約束を果たすために同じ高校に集まるというのが物語の始まり。各選手ともプレーに特徴がありますが、セカンドの右京が天才すぎやろと感じる。スーパー1年生5人の加入で弱小野球部が生まれ変わり、甲子園を目指します。

最大の敵となる強豪校のナンバー1バッターも、本当は少年時代に約束を交わした1人だったり、因縁も色々と絡むストーリー。とにかく熱い!そして、監督が可愛い! 

ダイヤのA

主人公である野球少年・沢村栄純が、野球名門校で甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指し成長していく姿を描く高校野球漫画。

本作は強豪校への野球留学を肯定的に描き、部員数が100人近くいる野球部を舞台としている。

強豪校がひしめく東京地区を制し、さらに全国制覇することを目標としている。主人公のピッチングスタイルは、バックを信じ打たせて取るというもの。

主人公が、甲子園を目指す強豪高校でエースの座を巡り成長していく物語。

キャラクターに魅力があり、チーム内には先輩・同級生・後輩と一癖も二癖もあるメンバーが集ってきます。先輩達は厳しいながらも、尊敬できるキャラが多く、3年生の引退は泣けましたね。ライバルの同級生や新たに加わる後輩達のキャラも良い。

チームに嫌な部員が1人いない!そして、それぞれが悩みながら成長していく青春野球漫画。高校時代に部活経験があると、思わずホロリとしてしまう漫画です。

名門!第三野球部

僕達クズじゃない! 落ちこぼれ扱いをされつづけた第三野球部が、1軍に勝つために立ちあがる!

野球は大好きだが才能がない檜あすなろ。そんな落ちこぼればかりが集まった桜高校の野球部3軍・第三野球部は、ある日、解散を告げられる。

まともな練習ができず、一度も試合ができなかったあすなろ達だが、最後のはなむけとして1軍と試合をするチャンスを得る。

もし1軍に勝つことができたら、第三野球部は解散をまぬがれ、1軍になれる。あすなろ達の必死の猛練習が始まった!

少し昔の漫画ですが、プロ野球選手が好きな野球漫画を調査する企画で1位に選ばれた野球漫画です。

三軍が一軍を倒すために、泥臭く過酷な特訓を行いますが、ここで描かれる過酷な特訓と努力の天才的な主人公の姿がプロの方々を惹きつけるみたいです。プロになるような人は、みんなこの漫画並みに過酷な練習と努力を積み重ねているのかもしれません。

古臭いかもしれませんが、「努力の大切さ」を最も感じる漫画です。

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって(1) (アフタヌーンコミックス)

おおきく振りかぶって(1) (アフタヌーンコミックス)

西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは『ヒイキ』でエースをやらせてもらっていると疎まれ続け、自虐的な暗い性格になってしまう。

西浦高校には、発足したての野球部があり、部員は新入生ばかり10人。部員不足の野球部で、はからずも三橋はまたもエースを任せられてしまう。

捕手・阿部 隆也は、三橋の独特の球筋と尋常ではない制球力に気づき、当初は三橋を自分の言いなりに投げさせればいいと考える。

しかし、因縁の三星学園との練習試合をきっかけに、阿部やチームメイトは本当のエースとしての三橋の成長を望むようになっていく。 

野球を知らない人でも楽しめる青春野球漫画。

めちゃくちゃ気弱な主人公三橋が可愛い。エースなんだけど、モジモジしていて周りのチームメイト達に支えられながらじゃないとプレーできない。ほんと、キャッチャーの阿部が同じチームに入部してくれていて良かったなコイツって思います。

そして、阿部の方も、賢くて実力に自信もあるため、最初は自分の思う通りに人を操ろうとする自己中タイプですが、三橋と接するうちに少しずつ成長していく。

ほかにもチームには天才肌の野球バカ田島や、リーダー花井など個性的なメンバーがおり、そろぞれが各々の個性を発揮していきます。 

成長とか精神面の描写も多く(作者が心理学を学んでいた)、青春を感じる漫画です。

ONE OUTS - ワン・ナウツ-

プロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」の児島弘道は、沖縄で自主トレーニング中に、賭野球「ワンナウト」で無敗を誇るピッチャー、天才勝負師渡久地東亜と出会う。

二度のワンナウト勝負の末、捨て身で勝利をもぎ取った児島は、東亜にリカオンズ優勝への光明を見出しチームにスカウトする。

渡久地東亜は、入団にあたり、お金にしか興味のないオーナーと、1アウトで500万の歩合、1失点ごとに5000万罰金の「ワンナウト契約」を結ぶ。この契約が、万年Bクラスの弱小球団「埼京彩珠リカオンズ」の運命を大きく変えていくことになる。

アンチ野球漫画ともいうべき内容の異色の野球漫画。

この漫画には、スポーツ漫画でよく表現される「努力・友情・情熱」という要素はまったくない。むしろ、渡久地は、練習したことで満足するチームメートを「ぬるい」と言う。

天才賭博師の渡久地は、「ワンナウト契約」の中で、読みと戦略、ときにはルールの網目をぬうことで勝利を確実に積み重ねていきます。

「勝つ」ことに拘る渡久地の姿勢が、だんだんとチームに浸透し、万年弱小チームの運命を変えていきます。

砂の栄冠 

学校創立100周年を迎えた年、樫野高校野球部は夏の県大会決勝まで勝ち進むも逆転負けを許し、あと一歩で甲子園出場を逃した。

特別支援が打ち切られ樫野野球部は並のチームに戻ってしまったが、野球部のファンである老人のトクさんは新チームのキャプテンとなった七嶋裕之に現金1000万円を託し、七嶋は再び甲子園出場を目指すこととなる。

全国レベルのチームの実力を学ぶために甲子園球場へ行った七嶋は、高校野球マニアの滝本や小林と出会い、甲子園での戦い方を教わる。 

主人公の七嶋の孤軍奮闘ぶりが尋常じゃない。笑

エースとして相手を抑え、攻撃の主軸としてヒットを放ち、チーム強化のために、コーチを手配したり、試合中も味方・敵だけでなく、観客の様子も観察しながら「好かれる」演出を行ったり、最適な行動を選択していきます。

作者の三田先生は、主人公の七嶋を通して「自分の頭で考えて行動しろ」というメッセージを伝えたいと思ったそう。

ラストイニング

インチキセールスマンとして生計を立てていた鳩ヶ谷。会社の責任を被せられて留置所で拘留されるが、恩師の彩珠学院高校の校長の助けで釈放してもらい、野球部の監督を依頼される。

彩学は、名門と呼ばれていた時期もある高校だったが、その野球部も今では弱小と化しており、学園の経営も悪化の一途、野球部は廃部の危機に瀕していた。

監督に就任した鳩ヶ谷は、ルールの隙をついた補強策や、部員を特徴に応じて分類し、独特の指導方法を授けていく。 

野球経験者じゃないと深い部分まで理解できないのでは?と思える程の本格的な野球の理論や戦術が描かれています。

しかも、主人公の鳩ヶ谷監督の野球理論には独自性があり、独特は発想に基づく練習方法や采配にきちんと理由付けがあるので、説得力が凄い。作者がかなり綿密な取材を行ったことや、野球への造詣が深いことも感じます。

野球通にこそ読んでほしい野球漫画です。  

ストッパー毒島 

ストッパー毒島 1 (ヤングマガジンコミックス)

ストッパー毒島 1 (ヤングマガジンコミックス)

プロ野球入りを目指す高校生・毒島大広は、非凡な才能を持ちながらも素行不良から野球部に入れてもらえず、学外での乱闘事件をきっかけに高校も退学になった。

しかし、毒島を中学生の頃から見ていたパ・リーグの弱小球団・京浜アスレチックスの木暮スカウトの働きもあり、1995年のドラフト会議でアスレチックスから8位指名を受ける。

入団を渋る周囲の人間を自慢の剛速球で捻じ伏せた毒島は、チームのストッパー(抑え投手)を志願し、シーズン60セーブとチームのリーグ優勝を目指して1年目から大暴れする。

プロ野球好きが書いたパリーグ愛を感じる野球漫画。

試合は細かい技術や戦術が描かれるという感じではなく、キャラとざっくりした大きな展開のドラマで魅せるタイプのプロ野球漫画。チームメイトのキャラが濃すぎる!

プロ入りした毒島が、苦労しながら成長していく様は王道スポーツ漫画。

「佐世保のツーラン」は野球漫画至上で最もカッコイイシーンだと言われています。

最後に

最近は、主人公の成長・努力だけでなく、戦術面や駆け引きの部分を詳細に描いた漫画が増えています。

でも、僕は個人的にはやっぱり最初はダメダメな主人公が成長していく話にグッときてしまうんですよね。あと、チームメイトとの友情とか。

これからも、面白い野球漫画を見つけるたびに追加していこうと思います。

広告を非表示にする