《公務員試験》自然科学の対策と参考書おすすめ(数学・物理・化学・生物・地学)

f:id:JINTR0802:20151226100708j:plain

自然科学は僕が試験を受けた際に最も捨て科目の多かった分野です。

ゴリゴリの文系である僕は、数学・物理は厳しかった。化学は少し手をつけたけど、本試験でぜんぜんダメだったので素直に捨てるべきだったと反省しています。

点数配分も最も少ない科目なので、他の科目で挽回できればOK!

苦手ではありますが、試験自体は合格したので少しは参考になるはず…。文系人間は参考にして下さい。

自然化学

数学・物理・化学・生物・地学からなる科目ですが、配点は決して高くありません。苦手なので正直助かりました。

数学

難易度は基礎的らしいです。大学受験で数学を少しでもやった人はちょろすぎる問題ばかりという噂を聞きます。僕は問題見てもイミフでした。

全力でぶん投げてた科目で、回答時間1秒くらいで解いてました。

巷でおすすめされている対策法は「スー過去」をパパっとやって思い出すくらいでいいらしいです。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 自然科学

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 自然科学

 

物理

これも速攻で捨て判断しやした!

理系出身者意外は対策しても投資効率が悪い科目です。自然科学分野でも特に捨て推奨の科目です。

評判が良いのは「過去問ダイレクトナビ」

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 物理・化学 2017年度

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 物理・化学 2017年度

 

化学

自然科学分野の中では、問題数が多いので手をつけたものの本試験で結果は出ませんでした…。

ポイ捨てを進めます!

巷で評判の良い本は以下のとおり。

理解のためのテキストとしては「岡野の〜」シリーズ。

岡野の化学が初歩からしっかり身につく 「無機化学+有機化学(1)」

岡野の化学が初歩からしっかり身につく 「無機化学+有機化学(1)」

 
岡野の化学が初歩からしっかり身につく 「理論化学(1)」

岡野の化学が初歩からしっかり身につく 「理論化学(1)」

 

 問題集は自然科学分野で大活躍の「過去問ダイレクトナビ」

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 物理・化学 2017年度

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 物理・化学 2017年度

 

 文系出身は時間があったらーくらいで。(時間あることほとんどないけど)

生物

生物は取れる!

暗記科目で、覚えることも大してない上に自然科学分野の中では出題数も多い。

内容は簡単で勉強すれば安定した得点源になるので、取りにいった方がいい科目です。

基礎からやっても大して時間はかからないので、センター用の参考書で出題分野を理解してもいいと思います。

おすすめ対策法は得意のセンター用参考書→問題集

センター用で理解した方が暗記が捗るし、忘れにくい。 

決定版 センター試験 生物?が面白いほどとれる本 (センター試験の点数が面白ほどとれる本)

決定版 センター試験 生物?が面白いほどとれる本 (センター試験の点数が面白ほどとれる本)

 

公務員試験の生物における範囲を確認し、その分野だけを基礎からやった上で問題集で覚えているかの確認という流れ。 

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 生物・地学 2017年度

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 生物・地学 2017年度

 

 地学

地学は勉強すれば取れるが、出題問題数が少ないので最後に対策するのがおすすめ。

最初から過去問でポイントのみの暗記で良い。

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 生物・地学 2017年度

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 生物・地学 2017年度

 

まとめ 

捨て科目の多かった分野ですが、取れそうなところはきっちり取りに行くことが大事。

自然科学は科目内で分野が独立していて前後の繋がりがないため、頻出分野だけでも勉強すると差が出ます。