読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外のITベンチャードラマ「betas/ベータス」の感想

f:id:JINTR0802:20151102001149j:plain

前から気になっていた海外ドラマ「betas/ベータス」を観終わったので感想をまとめます。

※以下ネタバレ含む

ざっくりストーリをまとめると、アメリカの若者ITベンチャーがアプリを作って「世界を変えるんだ!」って話の海外ドラマです。

 一言でいうと、ポップなドラマで観やすかった。

Facebook創業期が題材の「ソーシャル・ネットワーク」って映画のゆるい版って感じのドラマですね。

「ソーシャル・ネットワーク」好きなら楽しめると思う。

 「ソーシャル・ネットワーク」の方は、急激な成功による人間関係の崩壊とか色々あったけど、「ベータス」は平和。

喧嘩し始めた!って思ったら、山でキャンプして、仲直りするという平和ぶり!

まあコメディー要素たっぷりのドラマなので。

f:id:JINTR0802:20151102011435j:plain

主人公たちが開発しているのが「位置情報を使った偶然の出会いを作るソーシャルアプリ」。本当にありそうな感じですね。

開発チームのメンバーは、主人公的のイケメンCEO(最高経営責任者)、スタンフォード中退の凄腕エンジニアのCTO(最高技術責任者)、元ハッカーの変態オジさん、良いやつポジのおたくメガネと、おたくメガネが恋をした元バイの日系女。

f:id:JINTR0802:20151102011422j:plain

設定がよく分からないカオスなメンバー多しです!

しかも、作中でCTO以外は仕事してる感はゼロ(笑)

f:id:JINTR0802:20151102011849j:plain

CTOは主に一人で、アルゴリズムを改良し、バグに対応してと孤軍奮闘しています。

他のメンバーはというと、CEOは美女とイチャついて、変態オジさんは◯exして、おたくメガネは薬が切れておかしくなって、日系女は親で悩むなどなど大忙し!

f:id:JINTR0802:20151102012411j:plain

買収相手に「おれが欲しいのはCTOの技術力だけだ!あとはいらん!」なんて言われて「このクソやろー!」みたいにチームみんなで叫ぶシーンがありますが、僕は完全に買収相手に共感できましたしね。

しかし、終盤にはその唯一の良心だったCTOも唐突にホモを匂わせ始めるという(笑)

なかなかカオスなチームですが、ドラッグやってアプリのヒントを閃いたり、車を売ってPC買ったり、パーティー会場に潜入してエンジェル投資家にプレゼンしたりと色んなIT起業家の逸話をごちゃ混ぜにしたような展開で成功に近づいていきます。

エンジェル投資家とかベンチャーキャピタルも出てきたり、買収を飲むか飲まないかという話とか、数人で作ったアプリで数億円のお金が簡単に動いたりなどなど、アメリカITベンチャーのバブリーな空気感はすごい面白い。

こういう夢のあるストーリー系は観ててやる気でますね!

最後の終わり方が「俺たちの冒険はここからだ!」みたいなジャンプの打ち切り漫画的な終わり方だったのが残念ですが…

鬱展開とか頭使うようなミステリーって感じではないので、気楽に楽しく観れます。観るのにエネルギーが必要なものを観たくないときにはおすすめなドラマです。

なんだかんだでハマって一晩で全11話まで見終えました。

「betas/ベータス」はAmazonプライム会員専用のAmazonプライムビデオでしか観ることができませんが、プライム会員になりたくない人も、30日間の無料期間を活かせば無料で観られます。

Amazonプライム

広告を非表示にする