サッカー好きがおすすめサッカー漫画をランキング形式で紹介

僕は、サッカーに青春を捧げたといっても過言ではありません。

小学生の頃からずっとサッカー一筋でやってきて、サッカー漫画もかなり読んでいます。友達の家で見た「キャプテン翼」のアニメをに影響され、広場でボールを蹴って遊んだのが初めてのサッカーだったりもします。

このエントリーでは、僕がこれまで読んできた中でおすすめのサッカー漫画をランキング形式で紹介してみようと思います。

第10位 アオアシ 

アオアシ(1) (ビッグコミックス)

アオアシ(1) (ビッグコミックス)

 

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)は、ある日、Jリーグのユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)と出会う。粗削りながら、無限の可能性を秘めたアシトを、福田は自チームのセレクションに誘い!?

 Jのクラブユースが舞台の青春サッカー漫画。高校サッカーがテーマの漫画はたくさんありますが、クラブユースは今までなかった。連載したばかりですが、かなり面白い。期待も込めてランクイン!

↓現在は期間限定でアプリで読めます。

漫画アプリ”マンガワン-Manga One”が素晴らしくおすすめ。 - ギガログ

第9位 イレブン 

イレブン 1巻

イレブン 1巻

 

陸上短距離中学記録保持者の“青葉茂"が武蔵台高校へ入学。だが青葉はサッカー部へ入部する。 それはサッカー元日本代表の亡き父`青葉洋介の遺志で、サッカーのために脚力を鍛えるため、陸上をやっていたのだった。 茂は父が残したノートに従い、厳しい練習に励みながら武蔵台の中心選手となってチームを躍進させていく。

主人公青葉の成長に重点が置かれているサッカー漫画です。とにかく主人公の成長速度が早いため、トントン拍子で展開が進んでいきます。あっという間に世界いきます笑

ウソだろ!って練習方法で上手くなっていきます。マジかよ!そんな馬鹿な!って思いつつも読む手が止まらなくなる独特の魅力があります。なんだかんだ全巻買いました。

第8位 エリアの騎士

[まとめ買い] エリアの騎士 (1-25)

[まとめ買い] エリアの騎士 (1-25)

 
[まとめ買い] エリアの騎士 (26-47)

[まとめ買い] エリアの騎士 (26-47)

 

天才プレーヤーである兄・逢沢傑のプレーに胸を焦がす弟・逢沢駆は、幼馴染の美島奈々と数年ぶりに再会して喜ぶ。しかし、自身はトラウマから不振に陥りマネージャーに甘んじ、一人夜の公園で練習する日々を過ごしていた。ついにサッカー部の退部を決意し、そのことを傑に伝えるが、 傑は不慮の交通事故に巻き込まれ…。

正統派爽やかサッカー漫画です。主人公のカケルは天才を兄にもち、女子サッカー界の至宝と幼馴染という恵まれすぎた男です。そりゃ才能あって当然ですわ!と思いつつも続きが気になる。現在も連載中。 

第7位 DAYS (デイズ)  

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。フットサルの試合にでた柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことがわかる。サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。

下手だけどとにかく「走る」つくしが周りを動かしていきます。サッカー漫画で熱い青春漫画。個人的には絵柄が好き。同作者がDAYSの前に書いていたサッカー漫画「振り向くな君は」の登場人物がDAYSでは強敵としてでてくるので、両方読むとさらに面白い!

振り向くな君は(1)

振り向くな君は(1)

 

 第6位 ANGEL VOICE (エンジェルボイス)

[まとめ買い] ANGEL VOICE (1-25)

[まとめ買い] ANGEL VOICE (1-25)

 
[まとめ買い] ANGEL VOICE (26-40)

[まとめ買い] ANGEL VOICE (26-40)

 

千葉県、市立蘭山高校、通称「市蘭」。ここのサッカー部は「県内最強軍団」と呼ばれていた…。ただし、それはケンカでの話であり、荒廃したサッカー部を立て直すためにスカウトされた黒木は、「中学最強」(ただしケンカで)の4人を軸にチームを再生しようとする。そんなチームは冬の選手権県予選で、高校サッカー激戦区の千葉県にあって、ベスト4入りを逃すと廃部という条件を突きつけられてしまう…。

ルーキーズとスラムダンクを足したようなサッカー漫画というと分かりやすい。4巻くらいから徐々に面白くなっていく感じ。設定はありきたりに見えますが、試合は丁寧に書かれているし、上手くなる過程に説得力がある。そして、本当に泣ける。

第5位 LOST MAN (ロストマン)

LOST MAN(1) LOST MAN (ビッグコミックス)

LOST MAN(1) LOST MAN (ビッグコミックス)

 

記憶喪失の日本人と思しきプロサッカー選手・マツモトと、マツモトの能力を活かしてサッカービジネスのマネジメントをする代理人・サカザキが、行く先々のサッカークラブにビジネスを持ちかけ、マツモトの能力でクラブに貢献するというのが大まかなストーリー。 単なるサッカープレーだけでなく、その裏には大手企業による弱小クラブ潰し、伯爵家の跡継ぎを巡る殺人事件などの背景があり、物語に深みを与えている。

サッカー+ミステリーという異色のサッカー漫画。試合もきっちり書かれています。サッカー試合と同時進行的に事件性のある展開が進んでいくので面白さ2倍。

第4位 GIANT KILLING (ジャイアントキリング)

GIANT KILLING(1)

GIANT KILLING(1)

 

リーグジャパンフットボール所属のサッカーチーム、ETU(East Tokyo United)に、達海猛が監督として迎えられた。 達海はかつてのETUのスター選手であり、引退後はイングランド5部のアマチュアクラブの監督として、FAカップでベスト32に導き、プレミアリーグのクラブを追い詰めた人物である。 そんな彼に、悩める古巣のクラブが白羽の矢を立てたが、チーム内は騒動ばかりで開幕から連敗を重ねてしまう。名古屋グランパレスとの試合でようやく勝ちを収めたことで徐々に調子を上げ、上位のクラブから勝ちを奪いリーグの台風の目となっていく。

まず絵が上手くて綺麗なのでそれだけでも見やすい。監督が主役の珍しいサッカー漫画で、選手の起用・システムと戦術などなど一味違った面白さがあります。

第3位 BE BLUES!〜青になれ

BE BLUES!?青になれ?(1) (少年サンデーコミックス)

BE BLUES!?青になれ?(1) (少年サンデーコミックス)

 

将来のサッカー日本代表入りを夢見る小学生の一条龍はサッカーノートに書いた将来の夢を実現させる第一歩として全日本少年サッカー大会での優勝を目指し幼馴染で双子の優人と優希らとサッカーに熱中していた。龍は埼玉県予選で優勝し、同年代のライバルやJリーグクラブのユースチームのスカウトから注目を集めるが、その帰り道に交通事故に巻き込まれそうになった優人を庇おうとした勢いで道路脇の階段から転落し、選手として致命的な重傷を負う。そして舞台は高校へ

サッカー未経験の人は面白いのかな?と疑問に思うほど現実的かつ専門的なサッカーの話が描かれています。「足元への速いパスの有効性」とかサッカーしたことない人に伝わるのかな?サッカー経験者にとっては間違いなく面白い漫画。桜庭という超自己中ながら超絶テクのキャラクターが好き。

第2位 シュート!

シュート!(1)

シュート!(1)

 
シュート! 熱き挑戦 1巻

シュート! 熱き挑戦 1巻

 
シュート! 新たなる伝説 1巻

シュート! 新たなる伝説 1巻

 

シュート!あらすじ

天才久保嘉晴がいる掛川高校に「掛西中トリオ」田仲(トシ)・平松・白石が入学する。久保によって左足に新たな可能性を見出されたトシだったが、久保は病気を患っており試合中に倒れ、そのまま還らぬ人となる。久保を失い崩れかけた掛川高校サッカー部の成長が奇跡を起こしていく

高校サッカー漫画の金字塔。幻の左、ダブルヒール、トリプルカウンターアタックを真似して練習したのが懐かしいです。試合の描写は迫力があり「こんなサッカー漫画を読みたかった!」と夢中になりました。掛川高校サッカー部員それぞれに得意なプレースタイルがありますが、僕が好きなのは新田のオフサイドトラップ。 

第1位 ファンタジスタ

九州の孤島で1人サッカーの練習をしていた少年、坂本轍平は高校サッカー部の監督をしている姉の琴音を頼って上京し、水本高校へ転校してくる。間もなく合流して試合に出場したてっぺいは幼馴染みの森川竜司が率いる帝東高校との試合でトリッキーなプレイを魅せ、視察に来ていたACミランのスカウトを虜にしてしまう。てっぺいはライバルたちとめぐり合う中、ファンタジスタとして成長して世界に羽ばたいていく

読んだ後はサッカーボール蹴りたくなる漫画。テッペイの超絶プレーもワクワクしますが、「もう一人のファンタジスタ」沖田とのポジション争いを経てのコンビプレーは興奮しました。挑発的なラフプレーに2連続また抜きでやり返すテッペイは超かっこいいです。

続編の「ステラ」を連載中。本田圭佑が本人そのもののキャラクターで主人公クラスの扱いで出てくるという …。

[まとめ買い] ファンタジスタ ステラ

[まとめ買い] ファンタジスタ ステラ

 

 

まとめ

「俺たちのフィールド」の入れ忘れに気付きました…。書き直すのもアレなので殿堂入り扱いということで。

10位のアオアシは今後の連載しだいでは1位になりかねないなと感じます。期待!