読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やくざに脅されて発見した「脅しに対処する方法」

f:id:JINTR0802:20150701205254j:plain

僕は以前、やくざに絡まれて拉致されかけたことがあります。

絡まれるまでの経緯は省きますが、狭い部屋で4人の男に囲まれ、首根っこを掴まれて振り回されるわ、投げ飛ばされるわの修羅場体験でした。

囲まれている中、やくざは金銭で解決することを僕が自分で提案するように仕向けてきました。法律的なテクニックなのか何なのかは分かりませんが、自分からは直接お金の要求を切り出さない。

結局、外の車に乗せられそうになったところで警察が来てくれて助かりましたが、警察の前でも嘘八百を並べ、僕を訴えるとまで言ってきました。

警察官も本当のところは分かっていても証拠がないから手を出せないような感じ。

結局、警察を挟んで賠償金を払うか裁判か的な話をされたのですが、僕は部屋で囲まれていたときから、ずっと「話を微妙に噛み合わせない」ことで粘り、最終的には上手く切り抜けました。

どんな感じかというと

や「あー!?じゃあどうしてくれんの!?ねえ!?どうすんのじゃあ!?ああ!?」

と明らかに金を要求するニュアンスで脅されても

僕「ほんとうに!!このたびは!!すみませんでした!!」と大きな声で謝り、お金の要求だと気づかないふりをし続ける。

や「お前舐めてんのかコラ!違うだろうが!コラ!なあ!?」

僕「ええ!?わ、わかりました。じゃあ・・本当にすみませんでしたっ!!(超大声)」

や「ふざけてんのかおら!おいこら!?」

僕「えええ!?じゃあどうすればいいんですかー(泣)」

や「・・・」

と意図を察しないバカな感じ。これを2時間半貫きました。

本当に空気が読めなくて察しない男を演じ続けたことで、結局諦めてくれてどうにか助かることができました。

なぜこのような対応をしたかと言うと、金銭の要求だと分かっている上で抵抗すると、舐められたと思ったやくざが一線を越えてくるかもしれないからです。

しかし、そもそも話が通じてないだけで、一生懸命謝罪はしている(舐めてはいない)ということであれば、やくざのプライドには触れずに粘ることができると考えていました。

結果的にですが、粘り逃げできたので上手くいったといえます。

そしてこの体験から学んだのが「悪意のある脅し」には、察していない感じで『話を噛み合わせない』対応をするのが有効だということです。

例えばですが、女性が上司に権限を盾に夜の誘いを迫られても「え!?上司さんの言うこと聞かないと昇進させないってことですか?」とびっくりした感じで意図を察していない感じで聞き返せば、まず相手はなかなか「そうだ。」とは言えないですから。

変に聞きわけいい方が危ないですね。

やくざレベルでなくとも、脅しのようなことをされたときは、雰囲気では察しないよ!言葉にはっきり出さないと分かりませんよ!というキャラを演じて『話を噛み合わせない』対処法を試してみて下さい。

広告を非表示にする